ふすま・障子
襖は700年〜800年の頃、(衝立、屏風、明かり障子)など、寝殿造り内部の調度品から、
日本独自のものとして生まれてきました。
始のころの襖は、主に寝間に立てられた寝間障子襖と言われます。
1000年以上かけて、日本古来の歴史在る襖が現在の襖へと進化してきました。

襖の種類

普及品織物

最も数多く目にする襖紙です。低価格と種類の豊富さを特徴としています。
主に縦糸・横糸ともにレーヨン糸が使われています。

ちどり・吉兆・みやこ

中級品織物

当店では一番多く使用される織物の襖紙です。 選びやすい価格と豊富な絵の種類で喜ばれています。 縦糸、横糸ともにレーヨン糸がよく使われています。

あづち・高尾

上級織物

織物襖の中ではかなり高品質なものです。 絵柄は印刷仕上げもありますが、手加工による凝ったものが多く作られています。
主にドビー織りなど縦糸・横糸ともに糸目の詰んだ織物です。 縦糸にレーヨン糸、横糸にスラブ糸、ネップ糸や絹などを使用してとても上級に仕上げています。

襖の価格 (材工1枚あたりの目安です)

(普)2,000円〜2,800円 (中)3,000円〜5,000円 (上)6,000円〜10,000円

この他に織物の襖は、天然素材の織物があります。
葛府(くずふ)・絹シケ(きぬしけ)・芭蕉府(ばしょうふ)・シルケット
などがあります。
天然素材は、一枚ごとに仕上がりが違う良さがあります。
高級品として無地が使用されます。


障子について

空間を間仕切り、気流をとめるやくめをして、光を取り入れる建具です。
何といっても、光を柔らかく演出し、それを見る人のこころを柔らかくします。

sample

障子の種類

・腰付き縦繁障子
・腰付きねこま障子
・石垣障子
・雪見障子


障子の価格

(小)900円 (中)1,600円 (大)1,800円 (ねこま)2,300円

障子の種類も実に豊富にありますのでご相談ください。